無料ブログはココログ

« 妖怪絵巻 | トップページ | シンドバット7回目の航海 »

2011年5月22日 (日)

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉

パイレーツ・オブ・カリビアンの第4弾の「生命の泉」が劇場公開されました。この公開に併せて、第1作から第3作までテレビ地上波での一挙放送です。それに触発されたせいでしょうか、やっと休みが取れましたので、早速、3Dの字幕版を見てきました。

まず、最初に一言。料金が高い割には、3D効果があんまり感じられません。普通の画面がよろしいかもしれません。ただ、いまや3Dめがねが持ち帰りとは知りませんでした。

Photo さて、内容でいえば、全体として、やや平たんにストーリーが続きます。血沸き肉踊るという冒険談というよりは、登場人物の関係と生命の泉の設定の説明が主となります。なにしろ、観客にとっては、新登場の人物も、おなじみの人物も、その新たな設定を全く知らないのですから、その展開に観客の興味が集中してしまうような気がします。おかげで、コミカルなアクションシーンも、ユーモアに満ちたやり取りなども、どうしても印象が薄れます。

それに、今回の新たな悪役は、黒ひげという有名な極悪非道の海賊で、ゾンビメーカーという最悪の設定の割に、船のグロテスクな造型以外、どうも毒が少ない感じです。人魚もどうもイマイチ。一番面白かったのは、ラスト近くのスペイン軍の目的です。これは画期的な設定ではないでしょうか。しかし、ロケ地のジャングルの佇まいはいいですねえ、個人的には大好きですなあ。

最後に、長~いエンディングの後に、またも次回を予告するようなシーンを付け加えるのはやめてほしいものです。まだ見ていない皆さん、途中で退席してはいけません。念のため。

« 妖怪絵巻 | トップページ | シンドバット7回目の航海 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/40089136

この記事へのトラックバック一覧です: パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉:

« 妖怪絵巻 | トップページ | シンドバット7回目の航海 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31