無料ブログはココログ

« 海外版DVD | トップページ | D.N.A ドクター・モローの島 »

2011年4月30日 (土)

ガンツ2

映画「ガンツ」の続編が公開されました。第1作を観ておりましたので、昨日深夜、劇場に足を運びました。

2 前作は、複数のタイプのなんとか星人達が、様々な異形の形で登場したので、まだSF映画という感じがしていましたが、今回は、黒服星人=人間そのまま(ほとんど不死身ですが・・・)という形でのもうド派手なアクションばかりで驚きました。まあ、ある意味、感動もしております。なんせ、アクションの質が少し前のハリウッド作品と同じようなレベルになっています。銃器の迫力はなかなかのものです。昔の東宝映画の銃器のチャチさやアクションの拙さを知っている者としては、隔世の間があります。もっとも、本当に相当な時間がたっているのですから、当たり前でしょうか。CGのおかげですよね。一定、衣装なども金も掛けているのでしょうネ。

それに、電車の中の女子学生のチャンバラが良くできました。最近の女性はアクションがうんまいゾ。もっとも、やはり、日本映画の悲しさ、というか、日本人のサガでしょうか。アクションの合間の見得、間がすこし、いい加減ですな。このあたりは、もう少し三隅時代劇を勉強して欲しいものです。(これはすこし辛口でしたか。)

残念なのは、原作と違うというオチは、映画の中盤から推測が付きましたし、この世の者は思えない純真無垢な恋人が、実は何とか星人の大ボスだったという風に変身して欲しかったのは私だけでしょうか。というのも、今時あんな人物の設定は無理ですぞ。それにしても、今回、はじめてヤングジャンプを観たのですが、巨大な宇宙人の前に立つ、ちっぽけな人間のビジュアルは凄いですな。この原作の漫画は通して見たくなりました。

最後に余談ですが、昨日という日が、劇場料金が改正された初日というのはショックでした。6本みて1本無料という制度が1日違いで廃止されていたのです。7ポイント溜まっていたので、貧乏人のサガでしょうか、大した料金額でもないのですが、もう悔しくて悔しくてたまりません。忘れていた私自身に腹が立っていますし、tohoさんもポイントぐらい使わしてよ~と思います。

« 海外版DVD | トップページ | D.N.A ドクター・モローの島 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/39810569

この記事へのトラックバック一覧です: ガンツ2:

« 海外版DVD | トップページ | D.N.A ドクター・モローの島 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30