無料ブログはココログ

« ガンツ2 | トップページ | カマキラスその3 »

2011年4月30日 (土)

D.N.A ドクター・モローの島

Dna 最近になって、やっと観た、古い映画「D.N.A」です。この映画は、副題のとおり、過去に何度となく映画化された「ドクター・モローの島」です。

監督は、あの社会派?のジョン・フランケンハイマーです。何故、こんなSF素材を題材にしたのか、わかりません。当然、娯楽作品にはなりません。いや、あの「地獄の黙示録」のように、ジャングルの中の神様となったマーロン・ブランドのモロー博士の姿を見れば、わかる気がします。

動物から人間を作り出す実験に狂った博士。ハマー映画なら、いわゆる典型的なマッド・ドクターの物語になるでしょうが、そこは社会派ゆえんか、人間の、いや白人種の驕った思想、他人種を見下した視線が入り混じっているように感じます。白人の真似をする畜生どもは、所詮、自滅するしかないとでも言っている様な気がします。獣人ハイエナの悲しみは奴隷制を髣髴させますし、「誰が神か」と問いかけた悪知恵は、植民地やインディアン政策に代表される、これまでの欧米の歴史そのものといったら、言いすぎでしょうか。

今回、メイクアップなどの特殊効果がスタン・ウィンストンと知ったので、中古DVDを購入したのですが、昔、見なかった理由を思い出しました。どうも、不愉快になる映画でした。

« ガンツ2 | トップページ | カマキラスその3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/39814238

この記事へのトラックバック一覧です: D.N.A ドクター・モローの島:

« ガンツ2 | トップページ | カマキラスその3 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30