無料ブログはココログ

« 倍速視聴映画 | トップページ | 黄金の眼 »

2011年3月26日 (土)

豪勇ペルシウス大反撃

「豪勇ペルシウス大反撃」という映画があります。1966年に公開されたこの映画の予告編を見た記憶があります。ほんの数秒でしょうか、その予告編の映像に映し出された、河から出てくる巨竜のリアルさに驚嘆しました。 当時は、それ以外の情報はまったくありませんでした。

 その後、あの伝説の編集者の大伴昌司さんが監修した、キネマ旬報の別冊「世界怪物怪獣映画大全集」という特集号にこの巨竜の白黒写真が掲載され、そのおかげで映画の題名が判明しました。そして、その紹介記事と写真を何回見たことでしょう。本物の爬虫類のような眼や鱗の皮膚感など、東宝のゴジラなどの着ぐるみとは全く別次元のような気がしたものです。

この映画の本編を見たい、その思いは募る一方でしたが、一向にビデオ化もLD化もされません。そのまま、数十年が流れ、(私もすっかり忘れていました・・・。)

しかし、最近、この映画を観たというブログの記事に触発され、ついに、痺れを切らして、「殴りこみ兄弟」の海外DVDを購入したように、あちらの原版で鑑賞する事としました。ホントに便利な時代ですね、まず、インターネットの検索で、原題から英語のタイトル名を割り出し、あちらのアマゾンを使ってDVDを購入したのです。

ちなみに、原題は、イタリア語でPERSEO L'INVINCIBILE、アメリカ公開版題名がMEDUSA VS. THE SON OF HERCULES、そしてアメリカTV放映時題名がMEDUSA AGAINST THE SON OF HERCULESということです。

Photo ちなみに、これが、アメリカ版DVDです。左上にいるのが、お目当ての巨竜です。右上のが、植物怪獣のような、人を石にするメデューサです。人間型でないのが、ユニークです。

3月15日に注文して、3月26日に我が家に到着しました。早速、視聴しました。

お話は、お定まりのイタリア史劇です。二つの国の争いの中、野に捨てられてた主人公、(下の写真の男)が美しい姫君をめぐって、野心家の王子と争い、巨竜やメデューサを退治して、めでたしめでたしというお話です。メデューサを倒せば、石になった人間が元に戻るという設定は、もともとのお話か、ユニークな設定か不明ですが、そのあたりが日本名の「大反撃」につながっています。

さて、肝心な巨竜ですが、実物大の張りぼて製です。当然、あまり動きませんし、同じ動作の繰り返しでした。また、下半身といえば、前足以外は川の中です。なにしろ、特殊効果は、あのカルロ・ランバルティなのです。時代からいっても、それ以上を望むのは無理でしょう。まあ、長年の夢がかなった、ということで、これ以上は何も申しません。観た、それだけで十分です。

« 倍速視聴映画 | トップページ | 黄金の眼 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/39376736

この記事へのトラックバック一覧です: 豪勇ペルシウス大反撃:

« 倍速視聴映画 | トップページ | 黄金の眼 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31