無料ブログはココログ

« ヒックとドラゴン | トップページ | レッド RED »

2011年1月16日 (日)

アンストッパブル

「アンストッパブル」とは、止まらない、止められないという意味の形容詞ですが、何が止まらないかというのは、爆発物をタンクに積んだ貨車を数十も連結した長大な貨物列車のことです。もし、このタイトルに、そのほかの主人公の夫婦関係のもつれを暗示するような、何か隠された意味があるのでしたら、是非教えてください。Photo ともかく、最近、劇場で見た映画の中では、文句無く、最高に面白かった活劇です。さすがに、「マイ・ボディガード」を撮ったトニー・スコット監督です。名コンビのデンゼル・ワシントンも頑張っています。前回の地下鉄の映画よりずっと良い出来です。しかし、この俳優さん、実年齢は何歳ですか?そして、一体、何歳ぐらいの運転手の役を演じている設定なのでしょう。新人が「老人ホーム」とかいう嫌味を言うのもあってどうも気になります。黒人の方の年齢は全く検討がつきません。まあ、逆に、向こうからは東洋人の年がわからないかもしれませんが・・・。古くは、「リーサル・ウエポン」の引退寸前の黒人刑事の年齢設定も不明でした。

最後はハッピーエンドとなることがわかっているだけに、観客としては安心して、次から次に訪れる危機などの見せ場にハラハラしておればよいのですから、これくらいストレス解消につながるものはありません。どうも、約2時間の至福の時をありがとうございました。

それにしても、やはり、CGとか、模型とかではなく、本物を使って撮影した迫力は一味違います。あの暴走した列車の正面の顔とうなり声は凄まじい迫力です。手順を守らないたった一人の運転手の手抜きで事故は起こるのですネエ。発端は、ちょっとしたことなのですが、偶然が重なり、雪ダルマ式に厄災が広がっていくのですから、こわいものです。また、人間ドラマも要領よくアクションを壊さないバランスで演出され、お決まりの会社の上層部の無能さ、無責任さもきっちり描きこんでいます。活劇としては、熟練の手練でうまくまとめあげた佳作です。是非、楽しんでください。

« ヒックとドラゴン | トップページ | レッド RED »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/38497104

この記事へのトラックバック一覧です: アンストッパブル:

« ヒックとドラゴン | トップページ | レッド RED »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30