無料ブログはココログ

« SPACE BATTLESHIPヤマト | トップページ | 禿鷹のえさ »

2010年12月23日 (木)

ロビン・フッド

やはり、柳の下に二匹目の泥鰌はいないようです。史劇をCGの魔法で現代に蘇えさせた「グラディエーター」のリドリー・スコット監督も少し力量が落ちている気がします。あの傑作に比較するのもどうかとは思いますが、「ロビン・フッド」の映像は凝縮していないのです。この監督の魅力は、圧倒的な美しい映像の力なのですが、全体的に散漫で、どこか間の抜けている気さえします。予算とか、撮影日数の不足なのでしょうか。

Photo もともと、ロビン・フットのお話は、悲しい結末なのですが、今回の映画のストーリーには、少し無理があります。新しい敵役の設定にも共感できません。

ロビン・フッドの伝説については、リトル・ジョンなどの仲間と出会うエピソードなど、幼い頃読んだ少年少女向けの本で大好きだったのですが、どうも、これまでの映画化ではうまく成功した例はありません。例外的には、ショーン・コネリーとオードリー・ヘップバーンが共演した「ロビンとマリアン」が面白いと思います。残念ながら、これは、往年の年老いたロビンのお話であり、少し趣が違いますが、007でショーン・コネリーの最大のライバルのロバート・ショーが悪代官となり、重い武器を使った殺陣を披露します。なかなか、味があります。

さて、結局、この最新作は、ロビン・フッドのジンクスを克服することは出来ませんでした。アクションも、中世の世界も、なんの見るべきところはありません。残念でした。

« SPACE BATTLESHIPヤマト | トップページ | 禿鷹のえさ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/38181862

この記事へのトラックバック一覧です: ロビン・フッド:

« SPACE BATTLESHIPヤマト | トップページ | 禿鷹のえさ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31