無料ブログはココログ

« タコ | トップページ | 相棒 劇場版Ⅱ »

2010年12月25日 (土)

大映特撮映画

Photo かつての大映の特撮映画も依然として人気があるらしい。なにしろ、写真のような特集雑誌が発売され、タイトルもそのまんまの「大映特撮映画大全」とあります。

思えば、昭和の「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」に併映が「大魔神」という頃が、最も怪獣ブームの頂点の時期のような気がします。

それにしても、「大魔神」は、たった1年間に3作を連作して、その後はすっかり途絶えていたのですが、今でも根強い人気があります。一方、昭和のガメラは、6作程度作られましたが、第2作目の「ガメラ対バルゴン」を頂点に、お子様ランチ化が極端に進行して自滅しました。しかしながら、平成の世に入り、平成ガメラ3部作として、日本のSF映画の歴史に残る金字塔を打ち立てたことは記憶に新しいところです。さらに、「妖怪」ものも、「妖怪百物語」をはじめ、大映時代劇の風土の中で、しっかりと子供たちの心をつかみ、現在でも何度と無く妖怪映画が作られています。

こうした大映特撮映画の中で、平成ガメラシリーズは時代からしても別とすれば、私のお気に入りのクリーチャーは、まずは、大魔神です。特に、第1作と第2作は傑作です。この2作で歴史に残ったというべきでしょう。残念ながら、最終作となった第3作は、神に身を捧げる乙女をこどもに変えたりするような、観客のこども達に迎合したお粗末な物語に堕ちいり、大失敗となりました。唯一の救いは、大魔神が宝剣を抜いたことでしょう。一度、中身を見たかった(笑)。ともかく、男の子を甘く見てはいけません、みんな、綺麗なお姉さんが好きなのです。まあ、大魔神は、また別のお話としましょう。

Photo_2 次に、個人的におおいにお気に入りのクリーチャーは、併映の「ガメラ対バルゴン」のバルゴンです。この映画、口の悪い人は、カメ対トカゲの戦いと言いますが、まさにそのとおり、着ぐるみが生きている生物としか言いようの無い存在感です。特に、バルゴンは、ウルトラ伝説の高山良策師の手になる着ぐるみの大傑作です。その生物感の凄さは、劇場で大画面を見た者だけにわかります。ほとんどが夜間という設定で、冷凍怪獣だけに、白い冷凍液を出しながら、人間が四つんばいで歩く、不自然な形をものともせずに、横長の画面をのし歩きます。しかも、その巨大な頭をピアノ線で吊っているのですが、それすらも感動します。何を考えているのか、わからない爬虫類の目が素晴らしいのです。しかも、虹色の光線を背中から出すなど、あらゆる常識を超えています。ストーリー自体も、シリーズの中で唯一お子様向きではありません。オパールをめぐる男たちの欲望の戦いもあり、江波杏子扮する土人(本当に、この言葉を使っています。)の娘の色っぽさにも注目してください。案外、こうした話が子供たちの潜在意識に残り、あとあとまで尾を引くのです(笑)。

H221224_003 このバルゴンは、以前、海洋堂などのソフビキットを作ったことがあるのですが、どうしても再び製作したくなって、かつて販売され、名作キットの誉れが高い、ボークス製のレジンキットを入手しました。まずは、未組み立てのキットのみご紹介します。しばらく、このまま眺めます。いつの日か、完成いたしましたら、また、正式にお披露目いたしますので、しばらくお待ちください。H221224_001

« タコ | トップページ | 相棒 劇場版Ⅱ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大映特撮映画:

« タコ | トップページ | 相棒 劇場版Ⅱ »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31