無料ブログはココログ

« 大映時代劇 | トップページ | マーメイドのサイクロプス »

2010年10月17日 (日)

エクスペンダブルズ

シルベスター・スタローンが、有名アクションスターばかりを集めたという、噂の「エクスペンダブルズ」を観て来ました。もっとも出演している中では、「アドレナリン」や「デスレース」の主演で最近売り出し中のジェイソン・ステイサムが実質の競演といってよいのでしょう。ほかには往年のロッキーの敵役の巨人ドルフ・ラングレン、それにカンフー俳優のジェット・リー、そして何故かミッキー・ロークです。それより驚くのがブルース・ウイルスとアーノルド・シュワルツネッガーが特別出演していることです。まあ、ワンシーンですが、結局、この顔合わせだけの映画かもしれません。 Photo_2

日本映画でも、昔から大物俳優が出演するオールスター映画は面白くないとうのが定説です。東映では、年末の忠臣蔵などで、片岡千恵蔵と市川歌右衛門、それに中村錦之助や大友柳太郎がからみます。また、独立プロ全盛時は、三船敏郎、勝新太郎、石原裕次郎、中村錦之助が集まった「待ち伏せ」という時代劇もありましたが、これも面白くありませんでした。

さて、この映画は、壮大なアクション映画というふれ込みですが、実質は零細中小企業の傭兵会社のお話です。何しろ、わずか6人の規模です。まあ、出演者のギャラが壮大だったのかもしれません。

まあ、作戦も大したことは無いし、行動も行き当たりばったりな気がします。仲間同士のおふざけも感心できません。引退者の愚痴も動機も共感できません。唯一、飛行機からガソリンをまいて皆殺しにするシーンは見物ですが、ほかの戦闘シーンには特に工夫もありません。思えば、敵の悪将軍や元CIAの悪の設定も、結構せこい設定です。それに、ジェット・リーのカンフーが巨漢の西洋人には結局効かないという設定は少々残念です。ハリウッドに初登場したリーサル・ウェポンが懐かしい思いです。加えて、スタローンが走る姿は、なんとも痛々しいものです。もうさすがにアクション映画は無理ですヨ。

« 大映時代劇 | トップページ | マーメイドのサイクロプス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/37274777

この記事へのトラックバック一覧です: エクスペンダブルズ:

« 大映時代劇 | トップページ | マーメイドのサイクロプス »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31