無料ブログはココログ

« JIN 仁 | トップページ | ホットトイズ »

2010年9月 5日 (日)

バイオハザードⅣ アフターライフ

まず、驚いたのが、3Dの映像の進歩です。2D映像を3Dに転換した「アリス」はともかく、本格的な3D撮影を行った「アバター」より、ずいぶんと見やすくなっており、特に雨のシーンにおける雨粒などがほんの目の前から奥までくっきりと浮かび上がります。また、真上から撮影した、豆粒のような飛行機が飛んでいるシーンは、飛行機だけがくっきりと浮かび上がり、3Dの威力をまざまざと見せ付けました。あれだけ嫌いだった3Dもすっかり気に入りました。本物の撮影や監督の力量でずいぶん変わります。

4 さて、今回の作品は、シリーズ第4作にあたるのですが、第1作をつくり、ミラ・ジョヴォヴィッチの現夫であるポール・W・S・アンダーソン監督が、やっと監督に復帰したのです。この監督は、多分にエイリアンのファンだったようで、あのAVPを撮るために、このシリーズについては第2作以降製作だけに回っていたのです。

実は、前作、シリーズ第3作は、興行的にはヒットしたらしいもの、内容はとても満足のいくものではありません。正直、がっかりしたものです。なにしろアリスが超能力を得て無敵になったことや、敵のモンスターの造型が最低だったこと、背景がマッドマックスそのままの世界です。

今回は、その第3作の続きから始まるのですが、アリスのクローンが全滅するなど可愛そうなものです。まあ、それはそれとして、全体的には、3D効果もあってか、なかなか楽しめました。刑務所から脱出するシーンは、手に汗を握ります。また、ゲームの登場人物やモンスターが次々と登場するのも、ゲームファンには応えられないものでしょう。私はまったく門外漢ですが・・・。超能力をいったん失う設定などが功を奏し、アリスのアクションがさらに際立ちました。さすがに、現夫は彼女の魅力をよくわかっています。(笑)皆さんも、ミラ・ジョヴォヴィッチの男勝りの魅力を楽しんでください。ホントに強そうに見えますから・・。

それにしても、あいかわらず、パンフレットのサイズがでかい。その中に、どでかいポートレートのような写真を載せているせいか、記事のスペースが少なく、しかも細かい字でびっしりと書き込んであるので、年寄りには、逆に読めません。適度な大きさにして欲しいものです。

« JIN 仁 | トップページ | ホットトイズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/36549208

この記事へのトラックバック一覧です: バイオハザードⅣ アフターライフ:

» アクション映画「バイオハザードⅣ アフターライフ」 評価:★★★★☆ [ネットでお小遣いUP大作戦!]
 死ぬか生きるか、迫りくるアンデッドから逃げ切れるのか??と妙な緊迫感がたまらないバイオハザード シリーズの最新作、バイオハザードⅣ アフターライフの先行上映をさっそく見に行ってきました。映画館で映画を見るときふつうは字幕版をみます。2D・字幕版を見るか3D・吹き替え版を見るかさんざん迷いましたが、画面から飛び出してくるような立体画像を期待して3D・吹き替え版を見ました。  初めの30分ぐらいは迫りくるような緊迫感もなく期待外れの予感がしていましたが、舞台がロサンゼルスの刑務所に移ってからは「バイ... [続きを読む]

« JIN 仁 | トップページ | ホットトイズ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30