無料ブログはココログ

« ホットトイズ | トップページ | 踊る大捜査線 ヤツらを解放せよ »

2010年9月10日 (金)

BECK

月刊少年マガジンに連載されていた「BECK」が映画化されました。この漫画、結構面白くて、まめに見ていました。話は全く違うのですが、この漫画雑誌には「なんと孫六」という、とんでもなく長期に連載中の野球暴力少年漫画がありまして、実は、私はそのファンでもあります。(ホントに関係無い話でした。)

Beck11 Beck21

さて、映画化した監督は、漫画「20世紀少年」の映画化でも力を発揮した堤監督です。この人、TVドラマ出身ですが、俳優の人選に定評があります。いつも原作のイメージをよく表わしている俳優を使います。主人公のコユキ、水嶋ヒロの竜介など、ほんとにイメージに合っています。水泳パンツ姿のギターコーチ、帰国子女もぴったりです。・・・脱帽です。

全体の評価としては、よく雰囲気を出して映画化していますといって良いでしょう。ストーリーも原作とは違いますが、一定納得させられます。ただ、この映画の唯一で最大の弱点が、コユキの歌声を実際に聞かさなかったことです。パンフレットによると、原作者の意向とのこと。確かに、原作では、コユキの声は、聴衆が我を忘れるほど聞きほれる天使のような歌という設定です。漫画のコマには音楽のイメージすらも無いのですから、読者は、それぞれ自分なりのイメージを抱いているので、それを納得させるのは至難の業でしょう。こういう方法が無難で正解かもしれません。まあ、コユキが歌うシーンでは、風景映像やら、聞き手の聞きほれているという演技によりそのイメージを伝えようとはしていました。

しかし、やはり、映画は音楽も含めた総合芸術なのです。歌声はきちんと聞かせてほしかった。というのは、無理なのでしょうか。女房、娘は聞きたかった派です。私も、監督が「逃げたな!!」と思います。・・・あとは、DVDの発売の際に、秘密の歌声を聞かせて欲しいものです。まさか、口パクではないでしょう。

最後に、このパンフレットは馬鹿高かったのですが、デザインは、素晴らしい。おしゃれです。

« ホットトイズ | トップページ | 踊る大捜査線 ヤツらを解放せよ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/36663959

この記事へのトラックバック一覧です: BECK:

« ホットトイズ | トップページ | 踊る大捜査線 ヤツらを解放せよ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31