無料ブログはココログ

« インセプション | トップページ | 茅田砂湖 »

2010年8月 1日 (日)

プレデターズ(その2)

この前、このブログで「プレデターズ」に登場するプレデターの人種(?)が良くわからないと不満を書いていましたら、よくしたもので、このたび映画を記念して、プレデターズのアクション・フィギュアがアメリカで発売されるそうです。その商品のHPの説明書きに、詳しく設定が記載されていました。このあたりの映画ビジネスの貪欲さは見上げるべきです。

さて、その商品説明によりますと、映画の中で縛り付けられていた、おなじみのプレデターは、「クラシック・プレデター」と呼ばれています。何故、縛られていたかまでは記載がありません。次に、プレデターが狩りに使っていた犬のようなモンスターは、そのまんま「ハウンド犬」とのことで、その犬を扱ったプレデターを「ドッグ・ハンドラー」乃至は「トラッカー・プレデター」というそうです。さらに、偵察用の隼型の飛行体「ファルコン」を腕から飛ばしたヤツを「ファルコナー・プレデター」と名づけています。しかし、これが人種名かどうかは不明です。単に、猟犬使いと偵察役かもしれません。

あきらかに人種的にタイプの違うのが、最後まで残る黒く一回り体格がでかいヤツです。「ミスター・ブラック」という呼ばれる「バーサーカー・プレデター」というそうです。バーサーカーというのは、英語読みで、ベルセレク=凶戦士のことだそうです。ちなみに、商品化されたフィギュアは、素顔のタイプもしっかりリアルに造られており、黒い退色に赤い斑が印象的です。

それにしても、こんな風な裏設定は、せめてパンプレットには書いておいて欲しいものです。今後のDVDの発売に期待しましょう。せめて特典映像の裏話に詳しく載せてほしいものです。

 

« インセプション | トップページ | 茅田砂湖 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/35981075

この記事へのトラックバック一覧です: プレデターズ(その2):

« インセプション | トップページ | 茅田砂湖 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30