無料ブログはココログ

« ニンジャ・アサシン | トップページ | 必死剣 鳥刺し »

2010年7月24日 (土)

ダレン・シャン

「ダレン・シャン」の副題は、若きバンパイアと奇怪なサーカスといいます。そのタイトルのとおり、一人の少年が、バンパイアになり、その親友がバンパニーズになって、戦うという物語です。原作は、英国の児童文学らしいのですが、バンパイアに憧れている少年やフリーク(いわゆる奇形)達がわんさか登場する陰惨な物語だそうです。いかにも、欧米らしいといえば、そのとおりですが。・・・なお、バンパニーズというのは悪い吸血鬼で、この映画の一方のバンパイアは、血は吸いますが、人を殺さない善い吸血鬼という設定です。

Photo

さて、この映画は、劇場公開中には、観に行くことができなかったので、このたび発売されたDVDを購入しました。いちおう、クリストファー・リーのドラキュラ以来、吸血鬼映画のファンとして、義理立て(?)をしたつもりなのですが、やはり失敗です。無駄使いになりました。主人公が助手となる伝説の吸血鬼の俳優は、肉体労働者風の赤ら顔の頭でっかちですし、善と悪とを戦争に導く悪魔(?)のような存在も、何かアル中のデブ男です。演じる俳優が冴えません。第一、何故、こんな映画に渡辺謙が剥げ頭の鬘をつけてまで出演しているのでしょうか。おかげで、なにか凄い映画じゃないかと期待してしまいました。完全な間違いでした。日本人として、もう少し役を選んで欲しいものです。

 ところで、DVDの特典映像を見ると、この映画の監督さんが、なかなか貴族風の風貌で、吸血鬼役にぴったりと思いましたが、いかがでしょうかね。いろいろなフリークが登場する中で、まあ救いとしては、この監督さんが、原作より、コメディ・タッチにしたということで、コミカルな音楽やタイトル絵などで気が軽くなったことぐらいでしょうか。

« ニンジャ・アサシン | トップページ | 必死剣 鳥刺し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/35878489

この記事へのトラックバック一覧です: ダレン・シャン:

« ニンジャ・アサシン | トップページ | 必死剣 鳥刺し »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31