無料ブログはココログ

« パーマネント野ばら | トップページ | 大石透メデューサの復活 »

2010年5月30日 (日)

座頭市 THE LAST

何故、いまさら、こんな「座頭市」が製作されたのでしょうか。カツシンの座頭市ファンとしては、許されない思いです。本当に怒っています。

カツシン亡き後、たけしの「座頭市」や女座頭市が映画化されましたが、いずれも、カツシンとは違うアプローチではあるものの、居合いの凄腕であり、世の中のアウトローという座頭市という存在の基本はきちんと押さえて、なかなか好感の持てる作り方をしておりました。

しかし、今回のカトリ版の座頭市は何でしょうか。居合いの名人でもなく、(普通のやくざ・三下にあちこち斬られるような腕では名人とは言えません。)ましてや、女房を持つなどというスタンスでは、基本がまったく違います。そのうえ、すぐに新妻が斬られるというストーリーが酷い。多分、この脚本家は、「座頭市」に何の思い入れも無く、興味も無かったのでしょう。いや、それどころか、時代劇も渡世の掟も知らないのでしょう。

そして、余りにめちゃくちゃな殺陣シーンは、どうみても体力任せの「紋次郎」の殺陣です。美しさも鋭さもスピードも無い、最近では珍しいほどの最低・最悪の殺陣です。これほど工夫の無い殺陣はそうないでしょう。CGでも使えば、その意欲が買えるのに・・・。雪の中で寒かったから凄いでしょう?的な、プロダクトアウト的な殺陣です。見ている観客には何も伝わりません。マンネリ化した立ち回りのうっとおしさだけですな。

最後に、この映画の監督は、何を考えているのでしょう。延々と冗長的に、思い入れたっぷりな無意味な映像を積み重ねて、あげく・・・THE LAST。出演者すべでがミスキャストです。よく、一流の皆さんが、あんな役で出演しましたと思いました。もっとも、こんな座頭市映画を見せられる時代劇ファンも酷いものです。ともかく、上映中に、おもわず「面白くない」と独り言を言ってしまいました。こんなの初めてです。3 普通、面白くなかった映画の場合は、パンフレットを買わないのですが、今回は買いました。こんな座頭市を作った製作陣の暴挙を長く記憶しておくためです。写真は、そのパンフレットの裏表紙です。・・・おりしも、DVDで三隅研次監督の「座頭市暴れ火祭り」が発売されています。仲代達矢も出演しております。口直しにDVDを見ましょうか。

« パーマネント野ばら | トップページ | 大石透メデューサの復活 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/34958085

この記事へのトラックバック一覧です: 座頭市 THE LAST:

« パーマネント野ばら | トップページ | 大石透メデューサの復活 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31