無料ブログはココログ

« カマキラスⅡ | トップページ | 高山良策造型(その1) »

2009年11月22日 (日)

2012

ローランド・エメリッヒ監督の「2012」を観てきました。劇場はなかなか混んでいましたので、多分この映画はヒットするでしょう。

Photo 映画は、予想していたとおりのCGを駆使した、大災害映画です。それ以上でもそれ以下でもありません。ともかく、「インデペンデンス・ディ」、「(ゴ)ジラ」、「ディ・アフター・トゥモロー」と、度派手なスペクタクル映画が持ち味のこの監督らしい内容です。宇宙人、怪獣、氷河期に続く、「大異変」です。その原因は、マヤ文明の予言にある、惑星直列による太陽の大活性化が、地球に降り注ぐニュートリノを変化させ、それが地核を溶解させるというもので、地球をレンジに入れたような状態になる、というものです。その結果、地殻(大陸)が移動し、大噴火や大津波が起こり、地球が滅亡するという、手の込んだ滅亡理由になっています。が、それは、単なるお話の前提であり、ともかく、破壊のシーンが畳み掛けてきます。最初の予兆である、道路などの地割れのシーンもドキッとしますが、とこかく、逃げる主人公たちを襲う、地面の陥没、ビルの破壊、火山弾の襲来が物凄い迫力です。何も知らない(政府から知らされていない)一般市民の主人公たちが、逃げるわ、逃げる、主人のリムジン車、飛行機を使ったアクションは、もうほとんど漫画の世界です。まあ、肩の力を抜いてごらんください。高熱の火砕流の中からも平然と逃げ延びます。それに、世界の名所が派手に破壊されます。残念ながら、日本は、あっというまに沈没です。それも単にモニター紹介です。

以下、映画の未見の方は、読まないでください。映画のオチも触れています。

 ただ面白いと思ったのは、一般人の主人公グループと、米国大統領の側近の主人公の両面から、描かれていることです。スピルバーグの「宇宙戦争」のように、まったく全体のストーリーがわからないのはいけません。やはり、映画観客には、世界全体の状況をきちんと説明すべきです。

 それにしても、最後には、一般人の主人公たちが偶然と執念で、「ノアの箱舟」に密航してしまうという、エメリッヒ監督ならでは、の荒芸には、驚きを超えて感心します。しかも、その密航のために乗員全員が死の危険に晒されるのに、最後は感動ものにすり替えてしまうのですから、やはり豪腕の演出です。

ところで、この脚本の設定には、現在の人種問題や世界情勢の中での国の立場などをよく書き分けているなどと、パンフレット(写真:700円)に「深読み」がまことしやかに書かれていますが、本当でしょうか?エメリッヒ監督は、そんなことはどうでもよさそうですよね。興味のある方はお考えください。そのキーワードは、黒人、WASP、インド、中国、チベット、日本の扱いなどだそうです。

しかし、それにしても、伝統(?)の隕石襲来映画のアルマドゲンという「地球最後の日」のイメージがあって、避難するのは宇宙船とばかり思っていました。あの「ノアの箱舟」だったら、あれだけ世界国家が一致協力しているのなら、もう少し別の「施設」の建設のアイディアがあったのではないかと思いますナ。なんか、やっぱり、最後が竜頭蛇尾、まさに大山鳴動して、鼠一匹、いや3隻か(笑)。

« カマキラスⅡ | トップページ | 高山良策造型(その1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6559/32312325

この記事へのトラックバック一覧です: 2012:

» 古着 [古着]
古着の処分で困っている方がたくさんいます。寄付したり、買い取ってもらったりなど、古着を処分するために必要な知識や方法を紹介しています。 [続きを読む]

« カマキラスⅡ | トップページ | 高山良策造型(その1) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30