無料ブログはココログ

« ウルトラQ | トップページ | 少林少女 »

2008年5月 7日 (水)

紀元前1万年

ローランド・エメリッヒ監督の「紀元前1万年」は、誰も見たことがない世界というのが、うたい文句だが、マンモスもサーベルタイガーも、ピラミッドも、いずれも、どこかで見たような映像でした。長い毛の表現で苦労したという自慢のマンモスも、「ロード・オブ・ザ・リング」の四本牙の巨象で経験済みです。Img_0004

映画自体は、ケレンとハッタリのエメリッヒ監督らしく、まあ、面白く、楽しめました。ただ、いかにも、予言どおりに事が運ぶというご都合主義は少し鼻につきます。また、いくらなんでも、ラストのどんでん返しは無いよねエ。究極のご都合主義です。もっとも、そのおかげで後味は悪くありませんが・・・。

しかし、この監督、ホントに、エジプトのピラミッドが好きです。「大神」など、スターゲイトそのままではないですか。(注:宇宙人ではありません。念のため。)

 ともかく、あまり、期待せずにご覧になることをお勧めします。ひとつ拾い物は、青い目のヒロインが結構可愛いことです。四本足の悪魔の隊長が執念を燃やすのもうなずけます。捕まって、奴隷にされ、なんにもされないのも、大神のご威光のおかげです。めでたし、めでたし。終わり。

« ウルトラQ | トップページ | 少林少女 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀元前1万年:

» 「紀元前1万年」マンモスが群れで走り出す壮大な夢物語 [soramove]
「紀元前1万年」★★★ スティーヴン・ストレイト 主演 ローランド・エメリッヒ 監督、2007年、アメリカ、 ニュージーランド 、109分 映画の醍醐味のひとつに 「見たことのない世界を見る」ということがある。 映画冒頭のマンモスの大群にまぎれて ちっち...... [続きを読む]

« ウルトラQ | トップページ | 少林少女 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31