無料ブログはココログ

« 人類SOS(その3) | トップページ | ウルトラQ »

2008年4月27日 (日)

フランケンシュタインの花嫁(その2)

「フランケンシュタインの花嫁」のソフビキットを完成させました。といっても、お宝のビリケン製ではなく、ホライゾン社のキットです。Dscn8280 Dscn82821 Dscn82871 塗装については、比較的簡単に考えていましたが、久しく手習いをサボっていたせいか、どうも上手くいきません。一枚のシーツのような衣装は、平坦すぎて、塗り方が誠に難しいものです。しかも、塗装の乾きの過程で、無数のひび割れが発生したのです。原因について、気候のせい?塗料の薄め方の度合い?など疑わしい要因が考えられますが、正直まったくわかりません。ともかく、このトラブルのおかげで何度となく塗り重ねる結果となりまして、白のイメージが段々ダークがかった色調になってしまい、しかも濃淡が出ず、のっぺりデス。また、このローブの下には、ミイラのような全身を包帯で巻いたボディがあるのですが、塗装をしたにもかかわらず、腕以外は、まったく見えないのが残念です。あれ・・・顔にパステル粉による化粧をすることを忘れています。そういえば、なんか優しい容貌になったと思いました。化粧後の恐ろしい姿は、後日、ご紹介です。なお、顔だけは、ガイアノーツの塗料です。(その他の部分は、ミスターカラーのラッカー塗料とタミヤのエナメル塗料です。)・・・しかし、このできばえでは、ビリケンのお宝に手を付けるのは随分と時間がかかりそうです。

« 人類SOS(その3) | トップページ | ウルトラQ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランケンシュタインの花嫁(その2):

« 人類SOS(その3) | トップページ | ウルトラQ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30