無料ブログはココログ

« ダイ・ハード4.0 | トップページ | トランスフォーマー »

2007年8月 1日 (水)

オペラ座の怪人

「オペラ座の怪人」は、サイレント時代から、何度となく、映画化されていますが、一番、有名な怪人が、最初の映画に登場した、怪奇俳優ロン・チャイニィが演じるファントムです。モノクロのサイレント映画ですが、仮面を剥ぎ取ったときに現れる顔は、骸骨のような悪鬼を思わせ、衝撃です。今回、このロン・チャイニィ版のジオメトリック社のレジンバスト・キットを完成させました。Dscn75681_2 Dscn75691_2 Dscn75701

ロン・チャイニィ自らが、考案したと言われています。メイクアップ材も、ほとんど無かった時代に、さまざまな工夫をしたようです。

後ろから見ると、やや悲しい姿です。(笑)

最近では、ロック・ミュージカルの「ファントム オブ パラダイス」、直近では、本格ミュージカル映画がありました。どうやら、舞台がオペラ座だけに、ミュージカル物が多い気がします。もっとも、最新の「オペラ座の怪人」のファントムが、あのスパルタの「300」の主演者とは思えませんが・・・。

とはいうものの、怪人の造型では、やはり初代のデザインと狂気には、かないません。 その雰囲気が、少しでもモデルに反映しておりますでしょうか?。

« ダイ・ハード4.0 | トップページ | トランスフォーマー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オペラ座の怪人:

« ダイ・ハード4.0 | トップページ | トランスフォーマー »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30