無料ブログはココログ

« ヒドゥン | トップページ | プレデター(その2) »

2007年4月17日 (火)

光る眼

Dscn6661 SF映画の佳作「光る眼」です。この映画は、かつて大伴昌司の「傑作」という紹介記事から、なんとも見たかった、念願の映画でした。レンタルビデオ時代になって、やっと見た覚えがあります。モノクロ映画ですが、ドキュメンタリー風で、なかなか面白いものです。ストーリーは、田舎の村が、突然、見えない壁で遮断され、村人全員が意識を失い、目覚めると女性が全員妊娠をしているという発端から、生まれた金髪の子供達が超能力を発揮していくというものです。エイリアンの乗り移りではなく、エイリアンによる処女受胎の侵略物語です。が、SFXなどはほとんど無く、ただ、その異常な状態を設定だけで見せる映画です。見えない境界を越える者は、声を立てることなく突然倒れたり、運転手を失ったトラクターだけが動いているなど、息を呑むような素晴らしいシーンが続きます。また、エイリアンにより生まされたと思われる子ども達は、いずれも金髪で容姿は可愛いものの、無表情で、集団で行動する姿は、なんとも不気味です。特殊メイクなど必要ありません、要は、演出のセンスだということを再認識します。傑作の名に値し、一見の価値があります。未見の方は、オリジナル版をご覧ください。なお、続編は、内容を覚えていません。(笑)また、リメイクの映画もありますが、単にカラー化しただけの凡作です。上の写真はDVDで、正・続2本入っています。Dscn6358 なお、下の写真は、DVDの無い時代に、やっと手に入れたお宝ビデオです。時の流れのむなしさを感じます。(笑)

« ヒドゥン | トップページ | プレデター(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光る眼:

« ヒドゥン | トップページ | プレデター(その2) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31