無料ブログはココログ

« 猿人ジョー・ヤング | トップページ | ミミック »

2007年2月 3日 (土)

レリック

「レリック」という題名の意味が良くわかりませんが、封切当時としては、初期のCG技術を生かしたクリーチャーが評判でした。写真のように、ソフビのキット(メーカー不詳)も発売されています。Dscn62401なお、この写真に写っている作品は、とても腕の良いモデラーによって製作されたものです。(素晴らしい出来です。) Dscn6654ところで、高度なCG技術の盛んになった今では、肝心なこの映画の評価は、あまり芳しいものでありません。ストーリーも、特殊技術も、モンスターの造型も、いずれも中途半端な出来なのです。CG技術が珍しかった時代で、一時的に話題となっただけというものでしょう。正直、映画にはあまり印象がありません。かろうじて、そのモンスターの姿だけが記憶の片隅に残っています。

それに比べて、レイ・ハリーハウゼンのモデルアニメーションは、CG技術全盛となった現在でも、その価値は失われず、多くのファンを魅了し続けています。名作と話題作の違いでしょう。歴史の波、時間の評価を経たものだけが名作といわれるものなのでしょう。

ともあれ、DVDも発売されていますので、久しぶりに、もう一度、見てみましょう。

« 猿人ジョー・ヤング | トップページ | ミミック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レリック:

« 猿人ジョー・ヤング | トップページ | ミミック »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30