無料ブログはココログ

« その名はハリーハウゼン(その2) | トップページ | その名はハリーハウゼン(その4) »

2006年7月22日 (土)

その名はハリーハウゼン(その3)

今回ご紹介する、ハリーハウゼンの作品は、「シンドバット7回目の航海」です。前回、ご紹介した「アルゴ探検隊の大冒険」の前に製作されたもので、ハリーハウゼンの名を一躍高めた作品です。特に、有名なクリーチャーが、一つ目の一角の鬼「サイクロプス」。(二角も居ります。)あるいは鎖につながれたドラゴン。そして骸骨剣士との決闘。前にもお話しましたが、子供のころ、SF雑誌で、こうしたモノクロの写真を見て、すっかり魅了されてしまいました。おかげで、今も私の周囲には、サイクロプスのフィギュアが、完成品のスタチューやガレージキットを組み立てたものなど数体が、鎮座しております。ちょっとご紹介しますと、①胸像(メーカー不明)、②ビリケン、③ジオメトリック、④X-PLUS社のソフビ、⑤同社のレジン・スタチュー、⑥同社のチェスピースです。他にも、ドラゴンなど、XーPLUS社の⑦チェスピース、や巨大なソフビがあります。なお、このシンドバット映画は、その後、シリーズ化され、「黄金の航海」「虎の目の航海」の三部作になりました。いずれの映画の原題からは、dの文字が省かれているようですが、日本語の題名は、「シンバット」ではなく、「シンドバット」となっています。黄金の航海については、次回ご紹介します。いずれも、DVDが販売中ですので、一度、お楽しみください。20055282_012 Dscn61331 Dscn5299 Dscn57641 Dscn6120 Dscn6117 Dscn6124 Dscn6118

« その名はハリーハウゼン(その2) | トップページ | その名はハリーハウゼン(その4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その名はハリーハウゼン(その3):

« その名はハリーハウゼン(その2) | トップページ | その名はハリーハウゼン(その4) »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30